簡単な小顔矯正法

注射

病院選びに気を付けよう

ボトックスによる美容整形は、施術が簡単な割に効果が高いのが特徴です。ただし簡単だからといって、ダウンタイムや副作用がおこらないというわけではありません。ちなみにボトックスの施術を受けた際によくおこる副作用としては、顔のこわばりがでたり動きが悪くなったりするという物です。この症状が重症化すると、最悪の場合表情がなくなってしまう可能性も否定できません。それ以外にも、スポックブローという顔の造作のバランスが崩れる現象もよくあるようです。この症状が出ると眉間や額の筋肉が動かなくなり、目の端や眉が不自然に吊り上がった状態になります。さらにまぶたに影響が出ると、二重だったものが一重になってしまうほどたるんでしまうこともあります。こんな感じで綺麗になるつもりで行った施術なのに、逆に外見によくない影響が出てしまうことも少なくありません。その上で頭痛やめまいなど、内科的な症状が出る方も少数ながらいます。ボトックスを受ける時は、これらの症状がおこることもあらかじめ想定したうえで施術を受けなくてはいけません。美容整形でおこるボトックスの副作用は、顔から身体に至るまで例外なく出ます。ただし症状が出ても重症化することはないので、その点では必要以上に怖がる必要はありません。とはいえ症状がいくら軽いからといっても、副作用が出ないにこしたことはないはずです。基本的にボトックスの副作用は、施術を受けるクリニックや使用する製剤の種類が影響する物が多くなっています。したがって、それさえ気を付けていれば避けられることも少なくありません。なお良いクリニックの条件は、経験豊富でスキルが高いドクターがいることが第一です。その上で適切なカウンセリングを行っているのであれば、問題なく施術が受けられます。また使用する製剤も、厚生労働省が認可しているボトックスビスタなら高品質なためアレルギーをおこしたりすることもありません。それに品質が良ければ作用が安定しているので、効果にバラつきが出ることもないでしょう。こんな感じでクリニックや使用している製剤さえよければ、ボトックスの副作用の確率を大幅に下げることができます。施術を受ける時は、この点に気を付けて施術先を探すようにしましょう。