ボトックスの副作用を考える【医療行為を美容整形へ応用したもの】

効果とリスク

顔に触れる女性

決定打は信頼性

ボトックス注射で美容整形外科を受診する際、事前にネットなどで下調べをしてからクリニックを選ぶことをおすすめします。なぜなら、ボトックス注射には副作用のおそれもあるからです。ボトックス注射はもともと医療行為を美容整形へ応用したもので、ボツリヌス菌という物質を筋肉に注射し、委縮させるという効果を持っています。ボツリヌス菌自体は食中毒で知られる毒素なので、分量を間違えると人体に大きな悪影響を与えかねません。クリニックを選ぶ時はまず、ボトックスの実績を調べましょう。経験があまりなく未熟な医師に任せてしまうと、大きな副作用が出て体調を崩したり、表情を失ったりするなど取り返しがつかない事態に陥ることもあります。ボトックス注射に関して確かな実績を持った医師に施術してもらうのが安心です。また、口コミなどだけではわからないこともあるので、直接クリニックでカウンセリングをしてもらい、安心かどうかをご自身で確かめるのもまた手です。いくら腕が良くても信頼に値しないと感じる医師には任せにくいと思われますので、最後の決定打は信頼性です。ボトックス注射によってもたらされる効果は、美容整形外科においては小顔、しわの除去、痩身です。ボトックス注射には発達しすぎている筋肉の働きを弱めて小さくする性質があり、それによってエラを小さくしたり、しわ付近の表情筋をほぐして皮膚を引き延ばしたり、ふくらはぎのぽっこりした筋肉を縮めたりできる仕組みです。そのため、悩みの原因が筋肉の発達以外にある場合はボトックス注射は治療方法としては適しません。この原因追及は施術前のカウンセリングによって慎重に行いますので、まずは医師と相談する形となります。実際にボトックス注射を行なった場合は、効果は日にちをかけて徐々に現れ始めます。そしてその間、副作用が出る場合があります。この副作用に関しては人によって症状も重さも異なります。一番出る可能性が高い副作用は内出血で、注射針が血管に触れることで肌が黄色くなったり青あざのようになったりすることがあります。メイクでごまかせるくらいの軽いものが多く、数日で消えてしまう場合がほとんどです。あとは筋肉を弛緩するためエラに注射した場合は物が噛みづらいことなどもありますが、こちらは数時間で消える症状です。しばらくは食事を控えるよう医師から説明を受けると思われます。

注射

治療費に不安な方に

ボトックスは安全性の高い治療方法ですが、薬剤の種類によっては副作用がでる可能性もあるので正規品を選ぶ事が推奨されます。費用はクリニック毎に異なりますが、それぞれで割引制度を設けていますので活用する事で費用を抑える事もできます。

医者

手術のいらない美容整形術

ボトックス治療は副作用がない安全な美容整形方法として、厚生労働省や世界中から認められています。筋肉が発達していることや、緊張によるしわや肥大を改善する美容整形方法です。ボトックス以外の方が効果的な場合もあります。

注射

簡単な小顔矯正法

ボトックス副作用のおもな症状は、注射した箇所の筋肉が動かしづらくなったりすることです。さらに一重になったり内科的な症状が出たりすることも少なくありません。ただしこれらはクリニックや製剤で回避できるので、探す時はそこをよく確認しましょう。

顔に触れる女性

美容に使える特別な治療法

十分な効果を得られるボトックスの治療法は副作用が殆どなく、適切に使えば問題なく美容の問題を解決できます。施術を受ける前にはカウンセリングを行って、治療でどう変わるのか確認してから受けるので安心して治せます。

看護師

ピンポイントで痩せる

部分痩せしたい箇所にボトックスを使うと、そこだけピンポイントで小さくすることが可能です。またしわや汗腺にも効果が出るので、そんな悩みにも使えます。ただし使い方によっては副作用が出るので気を付けましょう。